コラム

割り切り相手は出会い系以外で探せるか?紹介、リアルでの出会いについて

更新日:

割り切り相手は出会い系以外で探せるか?紹介、リアルでの出会いについて

割り切り女性を探す、といえば出会い系サイトですが、それ以外でも割り切り女性を探す方法があります。

そこで今回は、ネット以外で大人の関係を築く方法を解説しています。

  • 出会い系サイトは網羅して飽きた…
  • 出会い系以外でもっと変わった出会いが欲しい

という方に向けた記事になります。

出会い喫茶(出会いカフェ)で探す

出会い系以外で割り切りの相手を探す場合、最も可能性があると言えるのが出会い喫茶(出会いカフェ)です。

というのも、出会い喫茶は出会い系サイトの実店舗版のようなもので、実質的には割り切り女性を探す場所と化しているからです。

出会い喫茶のシステムは、男性ブースと女性ブースの間がマジックミラーで仕切られていて、男性側からは待機している女性の顔や体を見ることができます。

女性側からは男性の顔などを見ることはできません。

そして、気に入った女性がいればトークルームに誘い出します。10分程度おしゃべりして割り切り交渉し、条件が合えば店の外に連れ出してセックスをすることができます

また、その後は店を通さずに女の子と自由に会うことができます。

出会い喫茶の場合、ほとんどの女の子は割り切り相手の男性を探す目的で出会い喫茶に来ているので、割り切りは簡単にできます。

ただ、出会い系サイトよりも割り切りの金額はやや高めなのが特徴です。しかし、顔が見れるので、少なくとも外見で外すことは100%ない、というメリットがあります。

交際クラブで探す

交際クラブに登録している女性はほぼ全てが定期的な割り切りを目的としてる女性なので、条件さえ合えば簡単に割り切り関係になることができます。

ただ、交際クラブの場合、男性会員はある程度、収入の高い人を想定しているため、会費も高く、女性に渡すお金も出会い系サイトよりもかなり高額なものとなっています。

また、ほとんどの場合、入会には面接が必要で、身分証明書を提示する必要もあるので、普通の人には少し敷居の高い場所となっています。

相席仮面スナックで探す

店舗数が少ないので知名度は少し低いのですが、割り切り女性を探せるお店として、相席仮面スナックというものがあります。

こちらは男性、女性共に仮面をつけて話し合いながら愛人関係を築いていくというお店です。

女性の仮面は希望があれば取り外すこともできます。

こちらも出会い系サイトの割り切りと比べれば高くつきますが、交際クラブよりはかなり安い値段で利用できることがメリットとなります。

セクキャバ、いちゃキャバで探す

こちらは、セクキャバ、いちゃキャバで知り合った女性と店外デートして割り切りに持ち込む方法となります。

もちろん、普通のキャバクラでも割り切りまで持ち込むことは可能なのですが、セクキャバやいちゃキャバで働いている女の子は体をある程度提供している分、男性と肉体関係になる割り切りにそれほど抵抗がない場合が多いです。

そのため、キャバクラ嬢よりもはるかに落としやすいというメリットがあります。

割り切りにまで持っていくのは特にテクニックなどは必要ありません。

女性は話が合ったり性格が合ったりする男性にとても弱いので、とにかくいろんな女性と話していて気に入られれば、向こうから「好き」だとか「もっと会いたい」とか何度も言ってきます。

そうなったら女の子の「お気に」になっているので、自然と誘えばいいでしょう。

向こうが何も反応していないのにこちらから口説くのは、あまりやらない方が良いでしょう

また、店外デートを禁止しているお店もあるので、利用規約をよく見て、禁止しているお店は避けるようにしましょう。

ホテヘル、ソープランドのような風俗店で探す

ホテヘル、ソープランドのような風俗店での店外デートで探す方法です。

こちらもセクキャバ、いちゃキャバの店外割り切りと基本的には同じことが当てはまります。

ただ、すでにお店の中でやることはやっているので、女性が気に入っていれば必ず「好き」とか言ってアピールしてきます。ですから、指名して3回通ってもそういう気のあるような仕草がなければ、好かれていないと思って諦めましょう。

やはりなんだかんだと言っても、風俗嬢はモテない男性でも比較的簡単に落とせる、という点がメリットとなります。

LINEで探す

LINEでの出会いがニュースなどで報道されることがよくあります。出会い系に詳しくない人だとどうやってLINEで出会うんだ、と疑問に思われる方もいるでしょう。

LINEでの出会い方は、LINEのID掲示板アプリがたくさんあるので、そういうところを利用します。

LINEのID掲示板では、出会いの相手を募集している人がたくさんいるので、そこでLINE IDを交換してコンタクトを取り、会う約束をすればいいわけです。

一見、簡単そうですが問題点がいくつもあります。

  1. いたずらが多い
  2. 業者が多い
  3. 未成年が多い

いたずらが多い

LINE掲示板での出会いは無料のところがほとんどなので、冗談半分やいたずらで利用している人も少なからずいます。

男なのに女のふりをしている「ネカマ」などもいるので、こういう人間とやり取りをしても会うことはできません。

業者が多い

運営側のパトロールも出会い系サイトなどと比べればはるかに緩いので、業者がたくさん活動しています。

うっかり業者の誘いに乗ってしまうと変な女性が来たり、全然出会えない変な出会い系サイトに誘導されたりと、ろくなことがありません。

未成年が多い

よくニュースなどでも報道されたりしますが、LINE掲示板は誰でも書き込めてしまうため、未成年が書き込んでいる場合も多くなっています。

出会い系サイトならば年齢確認があるので未成年は利用できません。そのために未成年が出会いの場を求める場合、こういった年齢確認のないサービスを利用します。

未成年と性行為をすると罰則のある条例によって逮捕されてしまいます。性行為をしなくてもその未成年が補導されたりすると、警察から取り調べを受ける可能性もあります。ですから、未成年とは最初から接触しないことが重要です。

Twitterで探す

Twitterを通じて出会うという方法もあります。

共通の趣味などによって相互フォローし、メッセージを送り合う関係になれば出会う事も不可能ではありません。

ただ、こういう出会い方はなかなか狙ってできるものではないので、難しい部分があります。

また「#円」「#サポ」といった割り切りを匂わせるキーワードでTwitter検索して探す、という方法もありますが、

こちらの場合はLINEでの出会いと同じく、いたずら、業者、未成年が多いのであまりおすすめはできません。

紹介で探す

割り切りで数をこなしている男性会員と仲良くなってお互いに情報交換し、そこそこいい女性を紹介してもらう、という方法です。

この場合、地雷嬢の情報が得られるので失敗を減らせる、というメリットがあります。

デメリットとしては、本当にいい女の子の情報は教えてもらえない、ギブアンドテイクということで、こちらからも女性の情報を提供する必要がある、というのが少し面倒くさい、という点が挙げられます。

まとめ:出会い喫茶やセクキャバ、風俗店外も有望だが、効率や安全性を考えればやはり出会い系が一番

このように、出会い系サイトに頼らずに紹介や街で出会う方法も、少し工夫してみれば色々とあるものです。

ただ、どの方法にも共通していえるのが、お金や時間が結構かかってしまう、という点です。

この点、出会い系サイトならば自宅でできるので無駄な時間を取らず、女性とやり取りするのにもそれほどお金はかからないので、圧倒的に安いコストで割り切り女性を見つけ出すことができます。

そのため、今回紹介した方法は、出会い系サイトを使ってもなかなか良い女性が見つからなかった時に、補助的に利用してみると良いでしょう。

安全性や効率、安価に広範囲で女性を探せるメリットは、出会い系以外にはあまりありません。

ですから、特に事情がなければ素直に出会い系で探すことをお勧めします。

当サイト人気記事

1

割り切りでのエッチを楽しむ際、相場を知っておくことは重要です。 女性の言われるがままにお金を払っていたら、小遣いがいくらあっても足りません。 ここでは実際に割り切りを経験したことがあるという女性の話を ...

-コラム

Copyright© 割り切りジョニー , 2019 All Rights Reserved.